旬の人気特産品ランキング

2018年10月17日

ふるさと納税で損する人

ふるさと納税で “損する人” は誰でしょうか?


 lose.png


ふるさと納税は “近年まれにみるお得な制度” として注目を浴び、ふるさと納税に関して数々の著作を出版する金森重樹さんなどは「100%得をする」と言い切っています。


 本当に、“誰も損をしない” のでしょうか。


いろいろと考えてみましたが、もしも損をする人がいるとすれば、それは、“寄附を受けている各自治体” ではないでしょうか。


ふるさと納税(寄附)をすると返礼品がもらえるのは、今では当たり前になっています。

別に各自治体には返礼品を用意する義務はないのですが、被災地支援などの特別の事情がない限り、返礼品を求めずに寄附をする人はほとんどいないので、自治体としても返礼品を用意せざるを得ないのです。


ところで、この返礼品ですが、各自治体はどのように調達しているのでしょうか?

決して、タダで手に入れているわけではありません。

自治体が企業から買い取ったり、補助金を出すなどの手段によって入手しています。


つまり、ふるさと納税を受け付けるには、それなりの出費(経費)が必要ということです。

さらにPRのための費用なども考えると、通常の企業経営と同様に、しっかりと原価計算等を行わないと “赤字” になる可能性も十分にああり得るということです。


そして、この「返礼品競争」が、最近 “激化” し過ぎているとして、現在、総務省では数々の規制を行おうとしています。

総務省の規制は、純粋に「自治体のことを考えて」というわけでもなさそうですが、実際問題として、赤字ということにでもなれば、自治体自身が打撃を受けることは間違いありません。


そういう意味では、ふるさと納税は「100%(全員が)得をする」制度ではないということが言えます。


F-style
ふるさと納税 F-style

posted by きうちよしかず at 20:30| ふるさと納税 仕組み

2018年10月16日

ふるさと納税 定期便

年末近くになると、ふるさと納税(寄附金額)の限度額を使い切ることが出来ずに困ってしまうことがあります。


そして、そのようなときにお薦めの “返礼品の選び方” のひとつとして、「定期便の返礼品から選ぶ」という方法があります。


takuhai_woman.pngtakuhai_man.png


定期便というのは、一回の寄附に対し、返礼品が「年6回」あるいは「年12回」などというように、一定のサイクルで届けられるシステムのことです。


  こちら >> ふるさと納税 定期便


1年間(あるいは半年間など)返礼品が届き続けるわけですから、当然に、寄附金額もそれなりに高額になります。

つまり、限度額を消化しやすくなるのです。


また、ふるさと納税により税金控除となる条件は「年内に寄附が済んでいること」ですので、返礼品が届くのが翌年であっても問題ありません。

さらに、「ワンストップ特例制度」を利用するときの「寄附先は5ヵ所以内に抑える」という条件もクリアしやすくなります。


個人的には “いいことずくめ” のシステムのように思いますが、いかがでしょうか。


ちなみに、現在、楽天ふるさと納税で人気の「定期便」ベスト3は、以下のようになっています。(左から順に 1位→2位→3位)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】都城産黒毛和牛「満足」定期便(10ヶ月)
価格:80000円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】毎月届く定期便「厚真のお米」10kg
価格:140000円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【6ヶ月連続お届け】北魚沼産コシヒカリ(長岡川口地域)5kg
価格:60000円(税込、送料無料) (2018/10/16時点)



“毎月、確実に使うもの” という理由からでしょうか、やはり “お米” の定期便が人気のようです。



 楽天ふるさと納税

posted by きうちよしかず at 23:41| ふるさと納税とは

2018年10月15日

ふるさと納税でおせち

ふるさと納税の返礼品として「おせち」を申込む人は意外と多いようです。

 osechi_family.png


その理由のひとつとしては、年末も近くなり、ふるさと納税の “駆け込み申込み” の時期と、おせち料理の需要が高まる時期が一致してくるからということが言えます。

ある程度の金額(寄附金)が必要なおせちの返礼品は、「ふるさと納税限度額」の “残額を消化” するのにちょうど良いのです。


そして、もうひとつの理由として、おせちの返礼品が「非常にコスパが良い」ということがあげられると思います。

たとえば、ふるさと納税サイト「さとふる」の中にある『おせち特集』のページを見てみると


 こちら >> おせち特集2019|さとふる


寄附金額は、21,000円から70,000円となっています。

その中でも最多なのは 40,000円です。


一方、「楽天市場」(「楽天ふるさと納税」ではない一般通販の楽天)の方の「おせち特集」のページを見ると


 こちら >> おせち特集|楽天市場


おおよそ1万円から4万円くらいの値段で(商品としてのおせちは)販売されているようです。


つまり「ふるさと納税の還元率は3割」と言われていることを考えると、おせちはかなりコスパの良い返礼品と言えます。

おせちの市場価格自体がまちまちなので「返礼品の調達価格は寄附金額の3割以内」という統制を厳密に行うことが出来ないのでしょうか。


ちなみに、「楽天ふるさと納税」の方でおせちを検索してみると


 こちら >> おせち|楽天ふるさと納税


19,000円から80,000円の間の寄附金額であり、「さとふる」に比べると若干高めであることが分かります。

これは、同じ楽天のサイト内で、“商品としてのおせち” と “返礼品としてのおせち” の両方を取り扱っているのでこのようなことになるのでしょうか。

しかし、それでも全体的には、かなりコスパの良い返礼品であるように感じられます。


posted by きうちよしかず at 19:58| ふるさと納税 おすすめ
ふるさと納税 けんさくナビ