旬の人気特産品ランキング

2018年10月13日

ふるさと納税 ワンストップ特例

自治体に「ふるさと納税(寄附)」をした場合、その寄附金額について「確定申告」という手続きを行わないと、翌年の税金からの還付を受けることは出来ません。

何故ならば、ふるさと納税の(節税の)仕組みは、「寄附金控除」という制度が元になっているからです。


確定申告を通して、寄附をした金額を「管轄税務署」に知らせないと、節税(控除)のしようが無いのです。


 kakuteishinkoku.png


しかし、その一方で「確定申告をせずに済む方法もある」という話を以前にしました。


 以前の記事はこちら >> ふるさと納税と確定申告


具体的には「ワンストップ特例」という制度を利用すると、一定の範囲内で、確定申告をせずとも、ふるさと納税分について翌年の税金から控除されるというものです。

寄附先の自治体が、自分に代わって「ふるさと納税をした(受けた)」という情報を自分の住所地の自治体(市役所など)に連絡してくれるので、敢えて税務署を経由する必要がないのです。


とても便利な制度ですが、この制度は “無制限に利用できる” というわけではありません。


大前提として、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

 @ 1年間の寄附(ふるさと納税)先が、“5ヵ所以内” であること
 A 元々、確定申告の必要がない人であること


以上の条件を満たしている場合は「ワンストップ特例」の制度を利用することができます。


また、利用の方法ですが、「楽天ふるさと納税」や「さとふる」などの主要な「ふるさと納税サイト」では、申込みの際に「ワンストップ特例を利用する」というチェック項目が設けられていますので、その部分をチェックするだけで事足ります。


手続きの方法としては、とても簡単な制度です。





posted by きうちよしかず at 23:41| ふるさと納税 仕組み

2018年10月12日

楽天ふるさと納税

私が最もよく利用するふるさと納税サイトは「楽天ふるさと納税」です。

 楽天ふるさと納税.jpg

 こちら >> 楽天ふるさと納税


その理由は「ふるさと納税以外でも、ふだんよく使っているので使い易い」からです。


他のサイトが特段に使いづらいということはありませんが、やはり “使ったことのある回数” に勝るものはありません。

ふだんの “ショッピング感覚” でふるさと納税も行えるところが、一番のポイントです。


そして、他にも利点をあげると「新たに会員登録(寄附者情報の登録)をする必要がない」ということがあります。

これは、過去に楽天市場での買い物経験があることが前提となりますが、そのときの会員情報が、そのままふるさと納税でも使えます。
(ただし、住民票の情報と一致している必要があります。)


そして、もうひとつ大きなポイントが、

 楽天スーパーポイントがつく

ということです。


なんと、楽天ふるさと納税で行った寄附には、他の買い物と同じように「楽天スーパーポイント」がつくのです。

また、寄附の際に楽天スーパーポイントを使うこともできます。


「お買い物マラソン」などのポイントアップ企画やTVコマーシャルでお馴染みの「楽天カード」などと併せて使うとさらにお得なのは言うまでもありません。


 こちら >> 楽天カード


登録している(提携している)自治体数も毎日のように増え続けていますので、現在、掲載自治体数が No.1 と言われている「ふるさとチョイス」に並ぶ日も近いのではないかと思っています。





posted by きうちよしかず at 11:25| ふるさと納税 サイト

2018年10月10日

ふるさと納税 おすすめの自治体 大阪府泉佐野市

今現在、「ふるさと納税」でおすすめの自治体と言えば、「大阪府泉佐野市」になるでしょうか。


 こちら >> 大阪府泉佐野市


今日の「楽天ふるさと納税 人気のお礼の品ランキング(総合)」の第1位も大阪府泉佐野市「タワラ印厳選米15kgセット」でした。


 
 【ふるさと納税】30年産タワラ印厳選米5kg×3セット計15kg


 こちら >> すべてのお礼の品 総合ランキング


この「タワラ印厳選米」と言うのは

 ・魚沼コシヒカリ5kg
 ・新潟コシヒカリ5kg
 ・宮城ひとめぼれ5kg

のセットのことで、つまり、新潟と宮城のお米の “詰め合わせ” です。

大坂の特産品ではないのです。

  inekari.png


実はこの点が、このところ暫く総務省から各自治体が激しくチェックを受けてきたことでもあり、連日のようにニュースを騒がせています。

そして現在では、この大阪府泉佐野市だけが「総務省の指示に従うつもりはなし」との意思表示をしている団体となってしまいました。


ちなみに、その “総務省の指示” 内容はというと

 ・ふるさと納税の返礼品は各自治体の特産品(地場産品)に限ること
 ・返礼品の価格は、寄附金額の “3割以内” に抑えること

というものです。


この点につき、大阪府泉佐野市は「従うつもりなし」と言っているわけですから、ある意味(我々にとっては)「おすすめの自治体」とも言えます。




posted by きうちよしかず at 23:36| ふるさと納税 おすすめ
ふるさと納税 けんさくナビ