旬の人気特産品ランキング

2019年02月28日

ふるさと納税 一番簡単な確定申告の方法

昨年度(1月〜12月)に「ふるさと納税」を行い、「ワンストップ特例制度」を利用しなかった人は、3月15日までに「確定申告」を済ませなければなりません。


 kakuteishinkoku.png


もしも申告をしなかった場合は、ただ単に自治体に “寄附” をしたことになってしまい、“税金控除” の恩恵を受けることができないからです。


 以前の記事をご参照ください >> ふるさと納税と確定申告


そして、その “確定申告のしかた” ですが、大きく分けると以下の3つの方法があります。

 @ 税務署に行き、申請書(用紙)をもらってきて、手書きで記入し提出
 A 国税のページ(確定申告書作成コーナー)から申請書を作成し、
   プリントアウトをして提出
 B 電子申告(e-Tax)にてインターネット申告


しかし、どれも難しそうに見えます。


確定申告の作業自体は、実はそれほど難しいことはありません。

しかし、確定申告がはじめての人が、ましてや「ふるさと納税」の申告だけのために国税庁の難しい説明文を読みながら、申告を進めるのは得策ではありません。


では、“一番簡単な確定申告の方法” とは、いったい何でしょう?

ふるさと納税 “だけの” 確定申告を行うことが前提条件となりますが、私の知る限り、それは 「さとふる」の「5分でできる!ふるさと納税専用カンタン確定申告」のページを利用することです。


 こちら >> 5分でできる!ふるさと納税専用カンタン確定申告


「さとふる」のトップページからは、左側のバナーをクリックすることで利用できます。


  さとふる20190228.jpg


“ふるさと納税の確定申告” に特化した作りになっていますし、可愛らしいイラストと大きな文字で説明されていますので、親しみが持てます。


確定申告がまだ済んでいない人は、是非一度覗いてみてください。


「さとふる」の会員でない方でも利用できます。




posted by きうちよしかず at 22:38| ふるさと納税 仕組み
ふるさと納税 けんさくナビ