旬の人気特産品ランキング

2018年10月03日

ふるさと納税の限度額

ふるさと納税は、寄附をする金額が大きくなればなるほど、返礼品は豪華になります。

 tokusanhin.png

また、ふるさと納税自体は “寄附をすること” ですから、その金額に上限はありません。


どこの自治体に幾ら寄附をしようと、まったく個人の自由なのです。


しかし、「税金が安くなる」という意味で言うと、そうは行きません。

“税金から控除される寄附金額” には上限があるからです。


寄附金控除の観点からの「ふるさと納税の限度額」は

  ・独身か既婚か
  ・共働きかそうでないか
  ・扶養する子供はいるか(何人か)

といった様々な項目(条件)と、自分の年収金額により決まります。


総務省のサイトには「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」の一覧表も掲載されていますが、


  こちら >> 総務省|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について


簡単に(大ざっぱな)自分の限度額を知る方法は、ネット上の「(ふるさと納税)控除金額シミュレーター」を使うことです。


控除金額シミュレーターは、「さとふる」などの “ふるさと納税(ポータル)サイト” の中にありますが、「そのようなサイトを知らない」という人にお薦めなのが、楽天市場です。

楽天市場の中には「楽天ふるさと納税」というふるさと納税専門のサイトがあって、その中にふるさと納税の限度額を簡単に知ることのできる「かんたんシミュレーター」というものが用意されています。


  こちら >> かんたんシミュレーター|楽天ふるさと納税


ふだんの買い物に使っている楽天市場のページですので、抵抗なく利用できると思います。
(もちろん、一度も楽天市場を利用したことがない人でも利用できます。)



楽天ふるさと納税

posted by きうちよしかず at 18:21| ふるさと納税とは
ふるさと納税 けんさくナビ