あとでゆっくり選べる、ポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」

2018年12月22日

ふるさと納税 年内はいつまで

税金の控除を受けるためには、ふるさと納税は年内はいつまでに手続きをしなければいけないのでしょうか。

手続き上は、12月31日の23:59までの寄附(ふるさと納税)が、その年の控除の対象になると言われています。

 
 clock.png


しかし、実際には、寄附先である自治体は行政機関ですから、大晦日である12月31日は稼働していないことが多いのです。

「寄附」の完了は、自治体が寄附金を受取っていないといけません。


そう考えると、実際には12月28日ぐらいを締め切りと考えたほうが良いようにも思えます。


この点について、何か明確な答えはないものかと探してみたところ、ふるさと納税サイト「さとふる」の中に、「年末年始に関する重要なお知らせ」というページ(文書)があるのを発見しました。


 こちら >> 年末年始の営業に関するお知らせ | さとふる


この文書によると、「寄附の納付日」とは「入金が確定した日付」のことであり、なおかつ、それは支払い方法により異なるということです。


 ・コンビニ支払い ⇒ 入金手続きが完了した日付が「寄附の納付日」
 ・ペイジー支払い ⇒ 入金手続きが完了した日付が「寄附の納付日」
 ・クレジットカード支払い
         ⇒ 「さとふる」で寄附申込み手続きが完了した日付


ここで、注目すべきは「クレジットカード支払い」です。


 creditcard.png


その他の支払いが「入金」ベースであるのに対し、クレジットカード支払いは「申込み」ベースとなっています。


そしてさらに、文書は以下のように続きます。


2018年12月31日中に寄付の申込を確定するボタンを押下頂ければ、「さとふる」へのアクセス集中によりクレジットカード決済の処理完了が翌0時以降にずれこんでも、地方自治体への寄付の納付日は2018年12月31日となります。


これは素晴らしいです。

どのサイトでも一緒なのでしょうか。


ということで、「楽天ふるさと納税」を見てみたところ、『お礼の品選び方ガイド』の中に「年末のふるさと納税の注意点」という文書を見つけました。


 こちら >> 年末のふるさと納税の注意点|楽天ふるさと納税


ここでは、クレジットカード決済については以下のように綴られています。

■ クレジットカードをご利用の場合
お支払い手続き後、カード会社のオーソリゼーションを通過した時点で手続き完了。
※ご使用のカードがオーソリゼーションを通らなかった場合、寄付のお申込みは無効となります。


楽天ふるさと納税の場合は、あくまでも

 「カード会社での決済 = 寄附の完了」

ということのようです。


もちろん、こちらが普通なのですが・・・。


つまり、年末のふるさと納税で

12月31日 23:59ぎりぎりまで寄附(ふるさと納税)を行いたいのなら、

 @ 「さとふる」で
 A 「クレジットカード支払い」で

申し込むのがベスト


ということになります。





posted by きうちよしかず at 01:34| ふるさと納税 仕組み
ふるさと納税 けんさくナビ