旬の人気特産品ランキング

2019年12月28日

ふるさと納税 12月31日は支払方法に注意

ふるさと納税の手続きは、(今年分の税金から控除を受けるためには)12月31日までに行わなければなりません。


 namahage.png


そして、この “手続き” というのは、「申込み」のことではなく、「寄附」のことです。

つまり、12月31日の23時59分までに「入金手続き」を完了させなければならないのです。


さらにまた、この入金手続きは、“支払方法” によっても、完了のタイミングが変わってきますので、12月31日のふるさと納税は、支払方法にも注意をしなくてはなりません。


具体的には以下のようになります。

 @ 銀行振込の場合:自治体の口座に入金されたとき
 A コンビニ払いの場合:コンビニで入金処理がされたとき
 B クレジットカード払いの場合:決済が完了したとき


ここで、注意したいのは、@の「銀行振込」です。

というのも、多くの銀行は12月31日は営業していないからです。


そう考えると、12月31日に利用できるのは、AかBということになりますが、コンビニの場合、お店の混み具合や店員の問題(本当に入金処理をしてくれたかどうか)もあります。


ということで、12月31日のふるさと納税については、
「クレジットカード払い」一択
ということになります。


 creditcard.png


では、クレジットカードを利用すれば、12月31日の23時59分ぎりぎりまで寄附を行うことができるのかどうかと言うと、必ずしもそうとも言えないのです。

この点については、以前に作成しました以下の記事をご参照ください。


 こちら >> ふるさと納税 年内はいつまで


結論だけを言いますと、12月31日23時59分ぎりぎりまで寄附が行える(ことを保証している)のは、“ふるさと納税サイト「さとふる」からのクレジットカード払い” です。


ただし、アクセスが集中して、つながりにくくなっている場合もありますので、23時59分ぎりぎりは避けたほうがいいでしょう。


 

posted by きうちよしかず at 23:00| ふるさと納税 仕組み
ふるさと納税 けんさくナビ