旬の人気特産品ランキング

2018年10月22日

ふるさと納税サイト キャンペーン

ふるさと納税(自治体への寄附)を行うには、「ふるさと納税サイト」を利用するのが今では当たり前という話を以前にしました。

 keyboard_typing.png
 以前の記事はこちら >> ふるさと納税サイトの種類


そして、この「ふるさと納税サイト」ですが、「会員登録が面倒くさい」と思っている方も多いようですが、実は、会員登録なしでも利用できることがほとんどです。


 ・・・が、会員登録をしたほうが、断然に “お得” なのも事実です。


会員登録の一般的なメリットとしては、「次回から住所情報などを入力する手間が省ける」ということが言えます。


 ・・・ですが、それだけではありません。


例えば、「楽天ふるさと納税」の『楽天スーパーポイント』。

「楽天ふるさと納税」から寄附を行った場合は、通常の買い物と同じように、寄附金額に対し『楽天スーパーポイント』が付与されます。

これは、断然に“お得” です。

正に “会員だけの特典” と言えます。


そして、他のサイトにも同様の特典は用意されています。


例えば、私が「楽天ふるさと納税」と並んでよく利用する「さとふる」では、毎月何かしらのキャンペーンが実施されています。

今月ですと、「新潟のふるさとから届く新米キャンペーン」というキャンペーンが、サイト内で案内されています。


さとふる新米キャンペーン.jpg


そして、「さとふる」には、こういったサイト内のインフォメーションとは別に、会員だけに届く “さとふる通信” というメールサービスがあります。

そして、その中で “会員限定の” 特典(キャンペーン)が案内されることがあるのです。


例えば、今月届いた特典メールは、以下のような内容のものでした。


いつも、さとふるをご覧くださり、ありがとうございます。
本メールをさとふるより直接受け取られた方限定のご案内です。
期間中、合計寄付金額1万円到達ごとに500円分のAmazonギフト券がもれなくもらえる♪
【Amazonギフト券2018年10月プレゼントキャンペーン】を開催!!
応募締め切りは 2018年10月31日(水)23:59まで!
本メールで参加方法をご案内いたします。
(以下、略)


なんと「寄附1万円ごとに500円分のAmazonギフト券」です。

これは、かなり“お得” です。

そして、このキャンペーンに参加するためには、申込の際にメールに記載されている「キャンペ−ンコード」を入力する必要があります。

つまり、会員でないと利用することができないのです。


こういったキャンペーンは毎月行われているわけではありませんが(と言いつつも、ほぼ毎月行われています)、利用するのとしないのとでは、雲泥の差があります。


ですので、「ふるさと納税サイト」を利用する際には
 
 @ まず、会員登録をすること
 A その際に「サイトからのメールを受け取る」にチェックを入れること

を強くお薦めします。


「さとふる」会員登録はこちら >> 会員規約 | ふるさと納税「さとふる」





posted by きうちよしかず at 23:45| ふるさと納税 サイト

2018年10月12日

楽天ふるさと納税

私が最もよく利用するふるさと納税サイトは「楽天ふるさと納税」です。

 楽天ふるさと納税.jpg

 こちら >> 楽天ふるさと納税


その理由は「ふるさと納税以外でも、ふだんよく使っているので使い易い」からです。


他のサイトが特段に使いづらいということはありませんが、やはり “使ったことのある回数” に勝るものはありません。

ふだんの “ショッピング感覚” でふるさと納税も行えるところが、一番のポイントです。


そして、他にも利点をあげると「新たに会員登録(寄附者情報の登録)をする必要がない」ということがあります。

これは、過去に楽天市場での買い物経験があることが前提となりますが、そのときの会員情報が、そのままふるさと納税でも使えます。
(ただし、住民票の情報と一致している必要があります。)


そして、もうひとつ大きなポイントが、

 楽天スーパーポイントがつく

ということです。


なんと、楽天ふるさと納税で行った寄附には、他の買い物と同じように「楽天スーパーポイント」がつくのです。

また、寄附の際に楽天スーパーポイントを使うこともできます。


「お買い物マラソン」などのポイントアップ企画やTVコマーシャルでお馴染みの「楽天カード」などと併せて使うとさらにお得なのは言うまでもありません。


 こちら >> 楽天カード


登録している(提携している)自治体数も毎日のように増え続けていますので、現在、掲載自治体数が No.1 と言われている「ふるさとチョイス」に並ぶ日も近いのではないかと思っています。





posted by きうちよしかず at 11:25| ふるさと納税 サイト

2018年10月08日

ふるさと納税サイトの種類

ふるさと納税の制度がスタートした当時は、利用者は、寄附をした自治体に直接問い合わせをして、手続きをする方法が一般的でした。

それが今では、全国のふるさと納税情報を集め、さらに、様々なカテゴリーで検索できるように整理された「ふるさと納税(ポータル)サイト」を利用するのが当たり前になっています。

 keyboard_typing.png


ふるさと納税サイトの種類としては

 ・単にふるさと納税の情報だけを集めたもの
 ・サイト内で申込みから各種申請手続きまでが行えるもの

があり、

おもなふるさと納税サイトとしては、

  ・ふるさとチョイス
  ・さとふる
  ・楽天ふるさと納税
  ・ふるなび
  ・ふるり
  ・ふるまる

などがあります。


ニュースなどにもよく登場し、掲載件数も多く、有名なサイトと言うと「ふるさとチョイス」になりますが、実は、掲載されているすべての自治体がサイト内から直接申込みできるわけではないので注意が必要です。

寄附の内容によっては自治体と直接やり取りをすることになるので、一元管理が出来ない場合もあるのです。


そういったことを考えると、直で契約している自治体のみに限って掲載しているふるさと納税サイトを利用するのが良いとも言えます。

提携(直契約)自治体のみを掲載し、掲載数も多いサイトとしては

  ・さとふる
  ・楽天ふるさと納税

の2つがお薦めです。






posted by きうちよしかず at 16:49| ふるさと納税 サイト
ふるさと納税 けんさくナビ