あとでゆっくり選べる、ポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」

2019年12月28日

ふるさと納税 12月31日は支払方法に注意

ふるさと納税の手続きは、(今年分の税金から控除を受けるためには)12月31日までに行わなければなりません。


 namahage.png


そして、この “手続き” というのは、「申込み」のことではなく、「寄附」のことです。

つまり、12月31日の23時59分までに「入金手続き」を完了させなければならないのです。


さらにまた、この入金手続きは、“支払方法” によっても、完了のタイミングが変わってきますので、12月31日のふるさと納税は、支払方法にも注意をしなくてはなりません。


具体的には以下のようになります。

 @ 銀行振込の場合:自治体の口座に入金されたとき
 A コンビニ払いの場合:コンビニで入金処理がされたとき
 B クレジットカード払いの場合:決済が完了したとき


ここで、注意したいのは、@の「銀行振込」です。

というのも、多くの銀行は12月31日は営業していないからです。


そう考えると、12月31日に利用できるのは、AかBということになりますが、コンビニの場合、お店の混み具合や店員の問題(本当に入金処理をしてくれたかどうか)もあります。


ということで、12月31日のふるさと納税については、
「クレジットカード払い」一択
ということになります。


 creditcard.png


では、クレジットカードを利用すれば、12月31日の23時59分ぎりぎりまで寄附を行うことができるのかどうかと言うと、必ずしもそうとも言えないのです。

この点については、以前に作成しました以下の記事をご参照ください。


 こちら >> ふるさと納税 年内はいつまで


結論だけを言いますと、12月31日23時59分ぎりぎりまで寄附が行える(ことを保証している)のは、“ふるさと納税サイト「さとふる」からのクレジットカード払い” です。


ただし、アクセスが集中して、つながりにくくなっている場合もありますので、23時59分ぎりぎりは避けたほうがいいでしょう。


 

posted by きうちよしかず at 23:00| ふるさと納税 仕組み

2019年03月07日

ふるさと納税 確定申告に必要な書類

前回は、ふるさと納税の「一番簡単な確定申告の方法」として「さとふる」内の特設ページ「5分でできる!ふるさと納税専用カンタン確定申告」を利用することをお薦めしました。


 前回の記事はこちら >> ふるさと納税 一番簡単な確定申告の方法


確定申告について、さらに詳しく知りたい人は、同じく「さとふる」の中に確定申告の仕組みと方法(国税庁の「確定申告書作成コーナー」を利用した方法)について書かれたページがありますので、そちらをご参照ください。


 こちら >> 簡単!ふるさと納税の確定申告 | さとふる


以前にも言いましたが、(ふるさと納税だけであれば)確定申告自体は全然難しいことはありません。


 kakuteishinkoku.png


ただし、ここで注意して(確認して)おきたいのは「確定申告に必要な書類」についてです。

 gensen_chousyuhyou.png

確定申告の手続き自体は、極端な話、一日あれば出来てしまうものですが、そのときに必要な書類が揃っていないと、申告手続き自体ができないことになってしまうからです。


確定申告に必要な書類とは、大きく以下の3点(4点)になります。

 @ 寄付先の自治体から提供される「寄付金受領証明書」
 A 対象期間の源泉徴収票
 B マイナンバーカードと本人確認書類


ここで、ドキッとするのが B の「マイナンバーカード」です。


 my_number_card.png


ふだん使わないものだけに、どこに保管しておいたかが分からなくなったり、そもそもマイナンバーカード自体を作っていないこともあります。

マイナンバーカードを作っていない場合は「マイナンバー通知カード」でもよいのですが、それも随分と前に受け取ったものですので、どこにあるかが分かりません。


 my_number_tsuuchi_card.png


再発行をしてもらっても間に合いそうになく、この時点で確定申告を諦めてしまう人もいるようですが、


カードが見つからない場合は

「マイナンバーが記載された住民票」

でも良いのです。


確定申告をしないと、ふるさと納税の最大の恩恵である “節税” に繋がりませんので、最後まで諦めないことが大切です。




posted by きうちよしかず at 23:22| ふるさと納税 仕組み

2019年02月28日

ふるさと納税 一番簡単な確定申告の方法

昨年度(1月〜12月)に「ふるさと納税」を行い、「ワンストップ特例制度」を利用しなかった人は、3月15日までに「確定申告」を済ませなければなりません。


 kakuteishinkoku.png


もしも申告をしなかった場合は、ただ単に自治体に “寄附” をしたことになってしまい、“税金控除” の恩恵を受けることができないからです。


 以前の記事をご参照ください >> ふるさと納税と確定申告


そして、その “確定申告のしかた” ですが、大きく分けると以下の3つの方法があります。

 @ 税務署に行き、申請書(用紙)をもらってきて、手書きで記入し提出
 A 国税のページ(確定申告書作成コーナー)から申請書を作成し、
   プリントアウトをして提出
 B 電子申告(e-Tax)にてインターネット申告


しかし、どれも難しそうに見えます。


確定申告の作業自体は、実はそれほど難しいことはありません。

しかし、確定申告がはじめての人が、ましてや「ふるさと納税」の申告だけのために国税庁の難しい説明文を読みながら、申告を進めるのは得策ではありません。


では、“一番簡単な確定申告の方法” とは、いったい何でしょう?

ふるさと納税 “だけの” 確定申告を行うことが前提条件となりますが、私の知る限り、それは 「さとふる」の「5分でできる!ふるさと納税専用カンタン確定申告」のページを利用することです。


 こちら >> 5分でできる!ふるさと納税専用カンタン確定申告


「さとふる」のトップページからは、左側のバナーをクリックすることで利用できます。


  さとふる20190228.jpg


“ふるさと納税の確定申告” に特化した作りになっていますし、可愛らしいイラストと大きな文字で説明されていますので、親しみが持てます。


確定申告がまだ済んでいない人は、是非一度覗いてみてください。


「さとふる」の会員でない方でも利用できます。




posted by きうちよしかず at 22:38| ふるさと納税 仕組み
ふるさと納税 けんさくナビ